会社案内Corporate Profile

株式会社 佐々木組

企業使命Corporate Social Responsibility

人が住み、集う、あらゆる空間に私たちの技術をとおして活動する場が開かれている。
私たちは広く大きな視野を持ち、自然・環境を大切にし、心の通いあう社会づくりをめざし、
地域とともに発展することを使命とします。

経営理念

豊かな生活・環境づくり/事業の領域
私たちは絶えざる成長を求めて、新しい事業分野を拓き、快適な生活・環境づくりを支えます。

新しい時代文化の創造/社会的役割
私たちは社会にひらかれた企業として、豊かな生活文化を創造し、地域の発展に役立ちます。

自立心と総合力の発揮/組織のあり方
私たちは個性と創意を尊重し、自らの生きがいを見出し、お客様の信頼に応えます。

SΛSΛKIスピリッツ

創業以来170年EΛST SΛSΛKIは総合建設業として「人の豊かさを奏でる街づくり」をテーマに地域社会とともに歩んでまいりました。私達は、このような仕事に携わることが出来たことを誇りにしつつ、地域のさらなる発展に向け力を注いでまいります。EΛST SΛSΛKIは21世紀を迎え、企業使命を全うすべく果敢に行動し、地域社会において十分に存在意義のある企業として歩み続け、豊かな環境・生活の創造と新たな時代文化を提案します。

行動指針

一、私たちは誠意と責任で、信頼関係を築き上げます。
一、私たちは変化をとらえ、柔軟に発想します。
一、私たちは顧客から学び、真の満足を提供します。
一、私たちは果敢に行動し、挑戦します。
一、私たちは積極的にビジネス感覚を磨きます。

理想のEΛSTへ

天保13(1842)年創業のEΛST SΛSΛKIは、
「豊かな生活・環境づくり」、「新しい時代文化の創造」をテーマに、
地域社会とともに歩んでまいりました。
総合建設業として様々な事業に携わることができたことを誇りとして、
さらなる地域社会の発展に力を注いでおります。
東日本大震災からの復旧・復興は、
地域の生活や産業の根幹を担うものであり、
東日本に根ざした総合建設業として一日も早い復興を使命に、
全社一丸となって取り組んでおります。
EΛST SΛSΛKIは、これからも地域とともに歩み、考え、行動し、
100年、200年先の世代に引き継ぐ、
理想のEΛSTの建設に邁進してまいります。

会社概要

創業
1842年(天保13年)4月3日
設立
1942年9月17日
代表取締役会長
佐々木 一榮
代表取締役社長
佐々木 一徳
資本金
1億円
従業員
130名
建設業許可
許可番号/国土交通大臣許可(特-30)651号 許可業種/土木工事・建築工事・大工工事・とび土工工事・石工事・屋根工事・鋼構造物工事・舗装工事・しゅんせつ工事・塗装工事・防水工事・内装仕上工事・造園工事・建具工事・水道施設工事・解体工事 許可番号/国土交通大臣許可(般-30)651号 許可業種/電気工事・管工事・消防施設工事
建築設計・監理業
EΛST環境研究所 岩手県知事登録 第こ(2111)143号
宅地建物取引業
岩手県知事登録(3)第2308号
主要取引銀行
岩手銀行 商工中金 一関信用金庫

事業所のご案内

本社

〒021-8633 岩手県一関市山目字中野140-5 ササキビル中野[MAP]
TEL:0191-25-2211(代表) FAX:0191-25-2216

  • 盛岡支店

    〒020-0045
    岩手県盛岡市盛岡駅西通2-21-5
    Mシティ西口プラザ1F [MAP]
    TEL:019-604-1201(代表) 
    FAX:019-604-1206

  • 仙台営業所

    〒980-0802
    宮城県仙台市青葉区二日町16-1
    二日町東急ビル6-B [MAP]
    TEL:022-222-6429 
    FAX:022-264-9763

  • 三陸営業所

    〒027-0074
    岩手県宮古市保久田8-10[MAP]
    TEL:0193-62-1390 
    FAX:0193-64-6222

  • 資機材センター

    〒021-0902
    岩手県一関市萩荘字鍋倉64-1[MAP]
    TEL:0191-26-0150

  • アスファルトプラント

    〒021-0902
    岩手県一関市萩荘字鍋倉64-1[MAP]
    TEL:0191-26-0330 
    FAX:0191-26-0332

佐々木組の歩み

1842年(天保13年)
佐々木万之丞により創業
1851年(嘉永4年)
佐々木万吉事業を継承
1861年(文久元年)
佐々木藤造事業を継承
1867年(慶応3年)
屋号を印に制定
1887年(明治20年)
屋号印を印に改める
1896年(明治29年)
佐々木東作事業を継承
1928年(昭和3年)
佐々木一郎事業を継承
佐々木組設立
1942年(昭和17年)
会社組織として発足
1956年(昭和31年)
株式会社佐々木組とする 資本金1千万円
1957年(昭和32年)
佐々木一郎会長就任
佐々木顯一社長就任
1973年(昭和48年)
アスファルトプラント
工場施設整備
1980年(昭和55年)
現本社屋落成
1987年(昭和62年)
佐々木一榮社長就任
1990年(平成2年)
資本金1億円
1992年(平成4年)
創業150周年
屋号印をに改める
1994年(平成6年)
アスファルトプラント
工場施設移転
リサイクルプラント併設
1995年(平成7年)
佐々木一嘉社長就任
1997年(平成9年)
東北地場初 建築部門ISO9001認証取得
1998年(平成10年)
土木部門ISO9001認証取得
舗装部門ISO9001認証取得
アスファルト混合物審査認定取得
2006年(平成18年)
全部門ISO14001 認証取得
2017年(平成29年)
佐々木一榮会長就任
佐々木一徳社長就任

佐々木組のシンボル

私たちは、より豊かな環境・生活の創造をめざしています。

  • 青(コミュニケーション・ブルー)は創造による技術への挑戦を。
  • 緑(アメニティ・グリーン)は環境との共存による快適さと活力を。
  • 赤(ヒューマン・レッド)は人間性と情熱による生活文化への提案を。

そして中心のだ円は、●黒(シンフォニック・ブラック)こころとこころの、自然と環境の、人と時代の、「ひろがり」と「つながり」をつたえます。EASTはこれまでのの東(イースト)とともに、E(ECOLOGY・環境)A(ACCORD・調和)S(SENSE・能力)T(THINK・思考)の“豊かな環境・生活創造と新たな時代文化の提案”の意味も込められています。